アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン6の第4話「ボーンズVS.賞金稼ぎ」を見ました。
子ども向け科学番組の有名な司会者であるジュード博士がやってきて、ブレナンは出演を依頼されます。渋るブレナンを説得するため、ジュード博士が今回の事件で助手として働くことになるというストーリーでした。賞金稼ぎの女性がかっこよくて、見惚れてしまいました。なぜだか「デスパレートな妻たち」のレネを思い出し、どうやら私はこういったやや男っぽい雰囲気の女性にとても惹かれてしまうようです。2度に渡るブースとブレナンによる追跡劇も面白く、見応えのある展開でした。
そして最も注目すべきは、結局テレビ番組への出演を承諾したブレナンの衣装でしょう。子ども番組なので大げさなくらいがちょうどいいのでしょうが、あそこまでヘンテコな姿をさらすとは予想外だったのでびっくりしました。でも子どもたちは大ウケしていましたし、ツインテールもすごく似合っていて可愛らしかったです。アリシアクリニック 予約

久しぶりに、女房と旅行!

そんなわたくしと女房は、だいたいワンパターンなデートを繰り返していて……

モールに着いたら、まず最初にペットストアーを見て(私も女房も生き物歓迎)、

そして見終わった瞬間に解散行なうwwww

わたくしは、おサロンで見たい地点だけ見たらさくっと次いっちゃうバリエーション。

女房は隅々までじっくり見るバリエーション……それはとうに、理不尽丁寧に。百円ストアーとかも、激しいひととき増える。

というわけで、お互いの注文の持ち味が違うので、待ち合わせ時間を決めて別使用を始めるのでした。

これって果たして一緒に出掛けてるって当てはまるのか、微妙なところですね。

そして、帰りは無理強いスシローか地元のラーメン屋……。

女房曰く、コチラしか出向くところがないらしいという。私も、他の店行きたいと言いつつ、普通二人で行くとなったらここになっちゃうんだよな〜(´-ω-`;)ゞ

アパートに犬がいるから滞在で立ち寄ることもないし、女房は遊園所とかDVD館が好きなタイプでもないし、そもそもわたくしが帰省しないと思いの外家から出ないだ。

必然系(?)に、通常思いの外自分じゃ行かないモールへ。

一緒にモールで注文して、そのあとごはん。たえず、まるっきりおんなじ。

なんてバリエーションの安いワンパターンな家族。世の家族の皆さんは、本当にどんな風に話してるのかしら?初めて お金 借りたい

図書が好きでするどく読んでいる。
好きな作家様も何他人かいます。
芥川賞、直木賞の選択肢やつの呼称が展示されましたが、直木賞の選択肢やつの中に好きな作家様の呼称がありました。
もしかして過去に受賞をやるのかもしれませんが、何となく意外なイメージがしました。
調べてみたら、何度か直木賞の選択肢やつにはなっているようです。
しかし受賞をしたことはないようです。

好きな不明作家様なので、受賞をやるなとは思いました。
とうにメジャーな作家様なので、受賞をすること自体は意外ではないと思うのです。

いつか、直木賞は駆け出し作家が受賞をすることが多かったそうです。
しかし最近ではベテランの作家様が受賞をすることが多くなってきているそうで、有名な他人も手広く受賞をしているようです。
受賞をすると急増バージョンされますし、前作も注目されるようになるので、作家にとっては受賞をすることがプラスにはなるようです。

好きな作家様だからこそ、正邪受賞をやるなと思いました。http://www.igroupcal.com/musee-asi/

ブックオフで久々に中古の小説を購入しようと思い行ってきました。
古い小説なので、100円で売っていてラッキー。
レジに持って行き、ポイントカードを出したところ・・・なんと300ポイントほど貯まっていたので、そのうちの100ポイントで購入。
ここのところ全然買い物はしていなかったんですが、何度かうちにあったいらない本を買い取りしてもらってて、そのときにポイントがついたようです。
買い取りしてもらうときは現金でもらえる金額に目がいってて、ポイントがついていることなんて気づかなかったんです。
確かにトータルでそれなりの金額分買い取りしてもらってましたが、さらにポイントも300円相当ついていたなんてビックリですね。
買い取り金額安いなあと嘆いていたんですが、ポイント分プラスすれば・・・それでも安いけど多少は足しになったかなと。
ポイントなので、ブックオフで買い物するしか使い道ないですけど、本やCDならそれなりに需要はあるので、まあお得だと思います。http://www.stevelichtman.com/

てっきりこちらはユーロ2016でも3レベル審判戦は行われると思っていたのですが勘違いだったようです。
ユーロでは3レベル審判戦は実施されず準決勝後に受け取るのは決勝戦のみということを知ったのは決勝戦が始まって暫くしてからでした。
インターナショナルフェスティバルではおそらく決勝戦の前日に3レベル審判戦があるのですが、俄然決勝戦でしたのでなかなか1競争抜けているようにように思えたのですが最初から心づもりは無かったのでした。
天下一を上げるワールドカップでもないし、特に優勝できなければ3レベルでも4レベルでも一緒し欧州地域のフェスティバルですから無理して3レベルを司る必要などないと思えばそれもそうと見えるし、それほど思えば無ベネフィットな競争をやらなくて案の定だという気分になって仕舞うのでした。
そういえば一足先に終わってしまったコパ・アメリカではちゃんと3レベル審判戦は行われていたのでそれはいかなる想定が反映されたのかが気になりましたがコパ・アメリカでもやってるのですからユーロでもやればよかったのではとまた後から思い直してしまいました。
ただそう思ったのは3レベル審判戦でドイツ対ウェールズ戦を見たかったことが大きく影響していると思います。
もしもやっていれば私の予想ではウェールズが発展し史上初の3レベルに罹る筈でしたので、それが見れないのが何とも残念に思えたのでした。キレイモ 名古屋

それにしても偶然働いていた時の同じ職場の女性との再会でした。 夫が午後の葬式に行く事になったけれど当日まで礼服をクリーニング店に預けてあったことを忘れていて、日曜日にはたいがい別のスーパーマーケットへ行くのに今日は、クリーニング店がテナントとして入っているスーパーマーケットに出かけて来てかつての同僚に会った訳です。双方で懐かしく僅か半年しか経っていないのにすごく久しぶりに感じました。辞めてから諸々の手続きを一つ一つ終えながら会社員時代から家庭人としての生活に切り替わっていき、会社は遠くなり、思い出すことはまず、ありませんでした。考えてみれば働き続けたんだからゆっくり余生を送ってねと送別の言葉を頂きましたが、この頃では人のためにならない、自分の好き勝手なことをして過ごしていているよと元同僚に言うと貴方らしくていいねと言っていました。職場の雰囲気もきっと私がいた時のままでも職場を去った私には過去の場所です。ニキビ跡 背中

かつて北海道に旅行に行った時に「だいたい半年ほどは雪が積もっている」という話を聞きました。都会に住んでいるとたまに雪が降ってちょっと嬉しかったりしますが、それくらい長い間雪があると大変だろうなあと思ったりします。
そのような地方に住んでいる方々はもう当たり前としているのでしょうが、慣れていない方が移り住んだりすると慣れるのに時間がかかるのかもしれません。生活というのもまた違ってくるでしょうし、寒さや雪かきなどもやらなくてはなりません。
もし移住をするとなった時に、正直雪国は選ばないと思います。スキーやスノーボードなどが好きならばいいのかもしれません。あとは魚介類が大好きな場合など。きっと車がないと困ると思いますし、おそらく都会での生活に慣れてしまっているとかなりの不便を感じるような気もします。ただそれだけに空気がきれいだったり、星がたくさん見ることができるという面は正直魅力を感じたりはします。エピレ 予約

あるドラマを見てから、私は法廷マニアというものに興味を持った。要するに、様々な公判を傍聴する人のことである。
自宅から裁判所が近いためもあって時間がある時は見学に行っている。
裁判にも重大な時間から軽いものまであるが、通常は裁判官が一人であるが、事件によっては3人になる。ここから、事件の重大性か判断できる。
最初のうちは刑事事件の方が分かりやすいと知ったので、刑事事件の公判を見に行くことが多い。
裁判員裁判も何度かあるが、いつか私も裁判員に選ばれるかもしれないと思いつつ傍聴している。
傍聴席には事件の関係者や恐らくこれから法曹界で働こうといった人であろうか熱心にメモを取っている人もよく見かける。当然、私のような一般の傍聴人もいる。
先日、ある裁判員裁判を初公判からは見ていなかったが途中から判決の言い渡しまで傍聴した。被告の犯した罪はひどいものだが、家庭環境も普通ではなかった。
当然、裁判官と国民から選ばれた裁判員の話し合いで出たこの判決なのだが、個人的には重い判決だったと思う。
裁判員裁判でなかった場合なら裁判官は一体どのくらいの判決を下していたのであろうか。http://www.tfnetjapan.org/

あたしは前ガラス越しに外部を眺めていた。見渡す以上、一面にはびこる青梅の山野がなだらかな稜線を描いてある。
「A・I氏、通常はマニアか」
 M・Nの唐突な問い掛けにあたしは少々困りつつも「うん」と一部分返答をした。
「そうか。通常を愛するハートがあれば、ここでは多少はやっていただけるよ」
「でもなんか、自分の地方と比べても広々としてて、おんなじ都内とは思えないだ」
「青梅は固有だろう。俺、依然越してきて十世代も経っていないけれど、この土地で生活しているうちにそのポイントを実感したよ。A・I氏も通常がマニアならここで暮らしているうちに離れられなくなって、次第に地方に帰りたくなくなるかもしれないな」
 握りを握りながらM・Nは朗らかな笑い声を上げた。
 対談はそちらっきりだったがあたしは一刻、M・Nの文句に妙な一安心を覚えた。何たび訪れても青梅は不思議な魅力がある街角です。都市の大通常は奥多摩ほど人里離れた山奥という立地でも無く、自然と因習が表裏一体で共栄できている。http://www.infocarte.org/datsumolabo-speedcourse.html

目下、厳しい事故の書籍をぐっすり見かけますね。
走行ドジ、飲酒走行、落石…と事由も様々ですが、事故はいつ自分がおんなじ眼に合うかわからないという恐ろしさがあります。

従来、ちょっとした事柄のために原付で出掛けたときの事です。
事柄を済ませて、天候が可愛らしくマイカーも乏しいコースを清々しく原付で走って家に帰ると所帯が見ている書籍企画が眼に入りました。
死者が出た恐ろしい事故があったという速報で、誠に場内は自分が10取り分ほど前に原付で走っていた配列でした。
常に見慣れた近場のコースで、しかも数分前まで安静だった事を知っている配列がテレビに映っていて
自分は主旨がわからず呆然としましたが、だんだんと恐怖を捉え始めました。もしも10取り分ほどあのコースを受かるのが異なりていたら自分はどうなっていたのだろう、と。

走行に気をつけていれば個人は事故は起こさないかも知れません。それでも他者の引き起こす大難に巻き込まれる事は防げません。
例え、どれだけ自分が気をつけていても突き刺さるあまりにもめちゃめちゃなアクシデントだ。

本日、報道されて掛かる事故もあんなめちゃめちゃを感じます。
事故をなくそうと思ったら交通定義を徹底するのは当然だと思いますが、それを軽んじる人間が他者を巻き込む、と考えると
例え仮にテクが発展してもそれを扱うの者である以上、そのめちゃめちゃを根絶する事は出来ないのかも知れません。
それでも事故に巻き込まれるというめちゃめちゃの損に罹るパーソンが多少なりともいなく陥る事を願わずにはいられません。痩せる酵素水