あたしは前ガラス越しに外部を眺めていた。見渡す以上、一面にはびこる青梅の山野がなだらかな稜線を描いてある。
「A・I氏、通常はマニアか」
 M・Nの唐突な問い掛けにあたしは少々困りつつも「うん」と一部分返答をした。
「そうか。通常を愛するハートがあれば、ここでは多少はやっていただけるよ」
「でもなんか、自分の地方と比べても広々としてて、おんなじ都内とは思えないだ」
「青梅は固有だろう。俺、依然越してきて十世代も経っていないけれど、この土地で生活しているうちにそのポイントを実感したよ。A・I氏も通常がマニアならここで暮らしているうちに離れられなくなって、次第に地方に帰りたくなくなるかもしれないな」
 握りを握りながらM・Nは朗らかな笑い声を上げた。
 対談はそちらっきりだったがあたしは一刻、M・Nの文句に妙な一安心を覚えた。何たび訪れても青梅は不思議な魅力がある街角です。都市の大通常は奥多摩ほど人里離れた山奥という立地でも無く、自然と因習が表裏一体で共栄できている。http://www.infocarte.org/datsumolabo-speedcourse.html

目下、厳しい事故の書籍をぐっすり見かけますね。
走行ドジ、飲酒走行、落石…と事由も様々ですが、事故はいつ自分がおんなじ眼に合うかわからないという恐ろしさがあります。

従来、ちょっとした事柄のために原付で出掛けたときの事です。
事柄を済ませて、天候が可愛らしくマイカーも乏しいコースを清々しく原付で走って家に帰ると所帯が見ている書籍企画が眼に入りました。
死者が出た恐ろしい事故があったという速報で、誠に場内は自分が10取り分ほど前に原付で走っていた配列でした。
常に見慣れた近場のコースで、しかも数分前まで安静だった事を知っている配列がテレビに映っていて
自分は主旨がわからず呆然としましたが、だんだんと恐怖を捉え始めました。もしも10取り分ほどあのコースを受かるのが異なりていたら自分はどうなっていたのだろう、と。

走行に気をつけていれば個人は事故は起こさないかも知れません。それでも他者の引き起こす大難に巻き込まれる事は防げません。
例え、どれだけ自分が気をつけていても突き刺さるあまりにもめちゃめちゃなアクシデントだ。

本日、報道されて掛かる事故もあんなめちゃめちゃを感じます。
事故をなくそうと思ったら交通定義を徹底するのは当然だと思いますが、それを軽んじる人間が他者を巻き込む、と考えると
例え仮にテクが発展してもそれを扱うの者である以上、そのめちゃめちゃを根絶する事は出来ないのかも知れません。
それでも事故に巻き込まれるというめちゃめちゃの損に罹るパーソンが多少なりともいなく陥る事を願わずにはいられません。