アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン6の第4話「ボーンズVS.賞金稼ぎ」を見ました。
子ども向け科学番組の有名な司会者であるジュード博士がやってきて、ブレナンは出演を依頼されます。渋るブレナンを説得するため、ジュード博士が今回の事件で助手として働くことになるというストーリーでした。賞金稼ぎの女性がかっこよくて、見惚れてしまいました。なぜだか「デスパレートな妻たち」のレネを思い出し、どうやら私はこういったやや男っぽい雰囲気の女性にとても惹かれてしまうようです。2度に渡るブースとブレナンによる追跡劇も面白く、見応えのある展開でした。
そして最も注目すべきは、結局テレビ番組への出演を承諾したブレナンの衣装でしょう。子ども番組なので大げさなくらいがちょうどいいのでしょうが、あそこまでヘンテコな姿をさらすとは予想外だったのでびっくりしました。でも子どもたちは大ウケしていましたし、ツインテールもすごく似合っていて可愛らしかったです。アリシアクリニック 予約