今まで友人達とあちこちと旅行に行きました。

20代の時はまだ親も元気で、行きたい場所に行けました。

一度、鳥取砂丘に行ってみたいよね?と友人からメールがありました。

確かに魅力的な場所です。

行っちゃおうよ?と勢いで決めた初めての鳥取砂丘。

観光可能な砂丘の中でも日本最大、国の天然記念物なんですね。

それに日本の地質百選にも選ばれています。

砂漠と違い、自然の力で出来上がった砂の丘です。

見所は風紋や砂簾、風が作る模様。

波形だったり、まるで簾のように見えるから不思議。

鳥取砂丘の中央に馬の背と呼ばれる砂丘列があり、標高が47mあります。

斜面は結構な急斜面、見晴らしがよくて日本海が見えます。

馬の背中のように見えるから馬の背だそうです。

この馬の背の側に時期によりオアシスが出現することもあります。

雨水が涌き出て大きな水たまりになるんですね。

夏は干上がってしまいますが、冬は水深が1mを越えて池になります。

残念ながら見ることは叶いませんでした。

面白かったのが砂丘の入り口にラクダがいる。

その反対側にはお馬さんもいました。

鳥取砂丘にはラクダがいる?と調べて解り、逢いたい?と楽しみにしていました。

なのでご対面して感動、なんか異国情緒が漂いますね。

らくだやというお店のラクダさん達は砂丘の入り口でお出迎えしてくれます。

ラクダの背中に跨がり砂丘を歩くこともできてしまう。

でも我々はラクダさんと記念撮影して満足。

反対側のお馬さんは乗り合い馬車のお仕事。

乗り合い馬車に乗り、砂丘を一回りできますよ。

馬車ならお子さんやお年寄りも安心ですね。

ちなみにらくだやの初代社長さんがラクダを連れて来たのが始まり。

現在のようなスタイルは昭和61年辺りから、それまでは乗れなかったわけです。

ラクダがいるなら乗りたい、そんな声が少なからずあり調教スタート。

おとなしいラクダさん達です。

広い砂丘を歩くには結構な体力がいる、正直疲れます。

暑いときは水分を取りながら行きましょう。

それでも斜面に皆さん果敢に挑んでましたね。

疲れますが登りきって見える景色は最高でした。

勢いで決めた旅行でしたが、貴重な体験が出来ました。ひざ下 脱毛 回数

みなさんはスマートフォンでゲームをすることがありますか?私はつい最近までスマートフォンは人と連絡を取ったりインターネット検索などを中心に使っていたのですが、友人がスマートフォン向けのゲームにはまっていると聞いたので、じゃあやってみようとダウンロードしたところ見事にはまってしまいました。スマートフォン向けのゲームなんてゲーム機でするゲームより面白くないんだろうと思っていてやりませんでしたが、ゲーム機用のゲームとは違った面白さがあるんです。特に違うのがコレクター向けの要素。というか私のやっているゲームはキャラクターを集めるのが一番楽しいと言っても過言ではありません。強くて美しいグラフィックのレアキャラクターが手に入ると嬉しくなってしまいます。もちろん対戦やストーリーもあるんですが、そこら辺はゲーム機用のゲームに劣ってしまいますね。ですが、手軽さやコレクションする楽しさでスマートフォン向けのゲームも悪くないなと思えるんです。ちょっとした時間に触れてちょっと楽しい、隙間時間を見事に奪ってくれるスマートフォン向けゲームはなかなかの時間泥棒です。アイフル バレない

どこの職場でも、ある程度長いことやっていると、誰も手をつけたりしないブラックボックスと化している場所やものがあったりすると思います。
私の職場にも、もちろんそういうものがあったりします。
例えば、歴代の在籍者が使っていたであろう古い備品や、何のために保管しているか分からない書類…
そして、備品や資産としてリストに載っていない、よくわからない物なんかが、部屋の片隅でじっとしているんですよね。
最近、仕事の効率化やいろいろな目的でのスペースの確保のために、こういうものを整理したいなと思っています。
ただ、こうして遺産のように手付かずになっているものというのは、誰でもあまり触れたくはないと思います。
それは、単に、ホコリを被っていて触ると手が汚れるというような理由ではありません。
出てくるとちょっと面倒なことになるような物が中から出てきたりするので、できればそのまま見て見ぬ振りをして処分したいんですよね。
こういうものは、いつか誰かが整理することになると思うのですが、それがいつ、誰になるんだろうかと、思いを馳せてみたくなります。アコム ばれない

今はカメラを手にしているという人がとても多くなっています。つまりは、いつでも映像をとることができるようになっているのです。それはスマートフォンなどにカメラの機能がついているからということでありそれがまさに素晴らしいことになります。どこでも動画を撮ることができるようになっていますから、これは実に面白いことです。そしてそれらの情報をインターネット上に流すということがよくあったりしますのでスクープ的な映像を一般人が持っていたりということがあるのが今の時代の面白いところであると言えるでしょう。カメラというのは色々とあるのですが少しでも画素数の多いものをというのは当然的なことになりますのでよく覚えておいた方が良いでしょう。最新のスマートフォンなどであれば下手なデジタルカメラよりもよい、ということが多いくらいですから面白い趣味として期待できるようになります。カメラ機能のないようなスマートフォンもあります。

明日は引っ越す前にハンドクラフトのお店に行きたいので、あべのキューズモールに行きたいなと思いました。スタイを作るのにダブルガーゼをいろいろ探しているのですが、やっぱり実際の店舗でいろあわせとかをして決めたいなと思うので、それで行きたいなと思ってます。
ただ、明日の天気と気温と息子の体調次第なのでどうするかわかりませんが。
またちょっと下痢かも知れなくて警戒中なので明日様子を見て決めようと思います。いけたらのんびり素材選びをしたいので授乳のタイミングなどをうまく考えないといけませんね。どうせなら帰省するときにミシンを借りて作り上げてしまいたいので明日のうちに買えたら嬉しいなと思っています。可愛いものがあるのかどうか不安というところですが。たしかABCクラフトにはベビーコーナーがあったような気がするので、そこでスタイを作るセットを購入できたらいいなと思います。セットといっても自分で組み合わせるのですがね。

家を建てた時に、担当になった営業の人を好きになりました。家ができあがって、全て終わってもメールを出すと返信をくれます。いつも他人行儀でまだお客様扱いのようなメールですが、うれしいです。告白したので私の気持ちは知ってくれています。でも個人的なお付き合いはごめんなさいと言われました。営業としては今まで通りよろしくお願いします。と言われたんですが、もう家は出来てしまったのになあ、と思います。でも家に何かあった時にはまた頼むかもしれないから、いつまでもお客様と営業という関係を大事に思ってくれているのかな?メールの返信をくれるのは万が一また家の事で何か頼む事があったら仕事をもらいたいという欲得のためなのか、私の気持ちを考えて、同情からメールくらい返信してあげようと思ったのか、どっちかな?とても忙しそうだから、お客様に不自由しているようには思えないから、あくまでも優しい人だからだと思うようにします。それにほんのちょっとは私からのメールをうれしいと思ってくれていますように、そう信じたいです。アリシアクリニック 湘南美容外科 比較

近所の神社を散歩していたら沢山の銀杏が落ちていました。うっかり踏んでしまい臭いにおいがします。とても懐かしい臭いです。
高校の自転車置き場は大きなイチョウ並木になっていました。秋になると自転車置き場の屋根に近所のおじさんが登って銀杏を拾っていたものです。高校にしては珍しく土足で授業を受ける学校だったので、誰かが自転車置き場で銀杏を踏んで来てしまったら教室中が臭くなり、よく「誰だ?」と犯人探しをしたりしたものでした。
父は銀杏を食べるのが好きで、胡麻炒り機で炙ってパキッと割って黄緑色の銀杏に爪楊枝を刺して食べていました。
種をコンクリートに擦り付けて穴を開け笛を作って遊んでいたことも何となく覚えています。
色々と懐かしい思い出があるので、つい拾ってみたくなりましたが、確か被れるんでしたよね。今では茶碗蒸しの中に入っているくらいでしか見かける事がなくなったなと思うと少し寂しくなりました。今度、ネットで調べて子供の為に笛作りでもしてみたいと思います。アリシアクリニック 予約できない

パイロットが足りないなんて思ってもみなかった。しかも世界共通の課題であるようだ。仕事で飛行機を利用することも旅行で利用することもここ群馬県で生活をしているとどうしても不便さを感じてしまい飛行機を利用することの選択肢が無くなってしまう。確かに群馬県には飛行場が無い。有れば便利だろうな、といつも考えているが、無いものは利用できない。羽田空港・成田空港・茨城空港・松本空港など群馬県の周りには飛行場はそれなりにあるが、なぜか群馬県には存在しない。だから陸の孤島と呼ばれても仕方がない。最近は北関東自動車道が開通してから車での移動は容易いになってきた。だが飛行機に乗ろうと思ったら飛行場まで移動をしなければならない。飛行機を操縦するパイロットが不足しているなどと我々には関係も無いし、生活をする上で特に問題にもならないのだ。だが、年齢を重ねてくると車を運転して遠出をすることも面倒になってきた。60歳を過ぎても北海道まで車で8日間の旅行をしてきた。だがこの先は遠出の旅行をするときは鉄道か飛行機か、と考え始めていたころにこの問題が目に入ってきた。そのうちに、飛行機も自動操縦の時代がやってくるだろう。それまで生きていれば、の話ではあるが。

昔、ピアノを習っていた方は多いのではないかと思います。かくいう自分も小さい頃に両親に習わせてもらいました。怠惰を極めた練習嫌いだったためにそこまで上達することはありませんでしたが、今でも初心者レベルの簡単な曲であればなんとか弾けるはず、です。あまり自信はありませんが。
斯様にレッスンのための練習は嫌いでしたが、楽器自体は好きです。ピアノだけでなく他の楽器も趣味でやりたいレベルには好きです。が、一人暮らしの部屋は楽器をやるには不向きです。楽器自体がそれなりに高額なものもあるし、防音のしっかりした部屋に住まなければならないという制限がつきます。そこまでして楽器をやる本気度があるかといえばそうでもないのが現状です。
お金がかからないのは歌を歌うことですが、これも壁が薄いと隣に迷惑になってしまうという現実があります。基本的には好きな時に思いっきり歌いたいです。そんな方は多いのではないかと思います。昔、妹が隣に住んでいる男性がいつも歌っているのが聞こえると言っていたので、やっぱり聞こえるのかと我慢をしています。
音が吸い込まれるボイトレ用のツボみたいなものを購入するか、それともどこかに歌いに行くか、ちょっと考えたいと思います。

実家に帰る途中に、ふるーつ大福で有名な、養老軒と言う和菓子屋さんがあります。
仕事をしていたときに、会社のみんなと一緒にお取り寄せをしたことが何度かあったのですが、実際にお店に行った事はありませんでした。

いつか、実家に帰るときに寄って買って行こうと思っていたのですが、いつもお店が混んでいて駐車場に入れなかったりしてなかなか買う機会がありませんでした。

そして、今回やっと養老軒さんに行くことができました。
ふるーつ大福以外にも、今が旬のいちご大福や、栗きんとんが入っている大福、プリンなどの洋菓子もありいろいろ気になりました。

けれどやっぱり、ふるーつ大福がいいなと思って、両親の分と私たちの分を買って帰りました。

上品できれいなお店で、オープン直後に行ったのですが、お客さんが何人かいらっしゃいました。
人気のお店ですね。

実家に持って行くと喜んで食べてくれました。
両親も食べたことはありますが、久しぶりだったようでおいしくいただきましたよ。